home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

訴訟をするとどうなるのか?

セディナの場合、
以前は訴訟の前に和解案を提示することが多かったものの、
最近では訴訟となるケースも増えてきています。

1回目の期日までにこちらの元金プラス利息で
和解できることがほとんどですが、
中には訴訟をして過払い利息を含む満額プラス印紙で
1,000円以下カットなどというケースもあります。

訴訟前の交渉では、こちらから電話をしても担当者が不在なので
折り返しますと言っておきながら、連絡が来ることはほとんどないため、
提起したほうが回収は早くなりますが、セントラルファイナンス、OMC、
クオークの3社が合併したため、対応の詳細は各社により違ってきます。

全般的に判決までに至るケースはありませんが、
最近では、2回目の期日までには利息をつけた過払い金が
返還される傾向となっていますので、
過払い金返還請求が難しくなってきていると言えるでしょう。

過払い金に対する悪意の受益利息5%を付加するのは、
セディナ側は原則として認めず、減額した和解提案を行ってきます。
ですので、訴訟前に悪意の受益利息である5%を付けて和解をする
というのは難しいでしょう。

尚、クオークのような信販会社の場合、借入の返済が終わったとしても、
会社と顧客との基本契約を解約することはめったにないため
「分断」というケースはなく、過払い金返還請求に対しても、
比較的スムーズに交渉ができる会社が多くなってはいるものの、
クオークなども最近では状況が厳しくなっています。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ